口を開けて笑う男の子

発達障がいなどを抱える利用者様の成長をサポートします

通級指導を受けている児童生徒数の中で発達障がいの割合は45%と多く、それだけの子どもたちが療育を必要としています。個別の療育プログラムを作成し、きめ細やかなケアを行うことで、豊かな成長を支えていきたいと考えております。

自発的に行動する力や社会の中で生きていく力を身につける練習

現代で生きていくうえで、自発的に行動する力や社会との交流する力などは大変重要です。利用者様の自立をサポートする施設として、ただ学習指導などを行うだけでなく、自主性や社会性を学ぶ練習をお手伝いします。コミュニケーションが苦手な利用者様にも、無理強いすることなく、少しずつお友達との交流に慣れていけるよう見守っています。

AIDMAの原理を応用した一人ひとりに合わせた個別対応を徹底

AIDMA(注意・興味・欲求・記憶・行動)を軸とした個別療育プログラムを作成し、それぞれの個性に合わせた成長をサポートしていきたいと考えております。同じ障がいを持っていても、得意なことや苦手なこと、成長のペースは一人ひとり異なります。しっかりと一人ひとりと向き合い、最適な療育を提供できるよう努めてまいりました。

成功体験と失敗体験を繰り返すことでさらなる成長を目指せます

遊びの時間の中でも、成功体験と失敗体験を繰り返すことで、「次はこうしたらいいんだ」という気づきに繋がります。成功と失敗を繰り返しながらそれぞれのペースで成長していけるよう、利用者様一人ひとりを支えてまいりました。お友達とのコミュニケーションや身の回りの片付けの練習にもなるため、自由な遊びの時間も大切にしております。