放課後等デイサービスとは

query_builder 2020/12/17
コラム
放課後等デイサービス


放課後等デイサービスとは、小学1年生から高校3年生までの様々な障がいのある、お子様が、学校終了後や夏休み、冬休みなどに利用できる福祉サービスの一つとなっております。

お子様一人ひとりの特性に合わせた個別での療育や、社会的スキルを養う集団活動を通じて、ご家庭と学校以外での社会生活において、重要な役割を担っています。

様々なお子様同士の交流や、遊びを通じた療育により、学童保育とよく似た性質を持っています。

 

放課後等デイサービスは、前述の通り福祉サービスの一つであるため、児童発達支援管理責任者による、個別支援計画書をもとに、療育が提供されます。

個別支援計画では、お子様一人ひとりのニーズに合わせて、プランニングを行い、日常生活における様々な、成長を促進していく内容となっております。

 

放課後等デイサービスを利用するためには、受給者証と呼ばれるものが必要です。

原則、障害手帳や療育手帳などを所持されている方はもちろんのこと、発達について医師の診断を受ける必要があります。

 

近年、放課後等デイサービスは、民間企業が参入したことにより、急激に施設が増えてきております。

中には運動に特化した施設、学習に特化した施設など、施設毎に特徴を全面に押し出した療育を行なっています。

しかし、まだまだ療育的な関わりが少なく、単なるお預かりとなっている施設もあり、そういった施設を無くすために厚生労働省により、ガイドラインが策定されるなど、サービスの質の向上が求められております。

子どもたち



まだまだ、放課後等デイサービスについて、ご存知ない方もいらっしゃるのではないかと思います。

周りにお子様の発達において、お悩みの保護者様など相談したいけれど、どこに相談したらいいのか、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そういった場合は、まず行政機関にご相談ください。

行政機関は、適切なサービスの利用を助言してくれる他、サービスを受けるための受給者証の申請方法といった、お悩み事を解決するための近道になるのではと思っています。

 

今後の未来を担ってくれる若い人材に対し、適切な時に適切なサービスを受けることが必要となります。

このコラムをご覧いただいた方の中でも、少しでもお悩みを抱えていらっしゃる方がおられましたら、このホームページからお問い合わせいただくか、いつでもお近くのウィズ・ユーにご相談ください。



NEW

  • 放課後等デイサービスとは

    query_builder 2020/12/17

CATEGORY

ARCHIVE